産業調査のメリット

過去のデータは役に立つ?

過去のデータは役に立つ?

過去のデータは役に立つ? 過去の産業調査データはビジネスで役に立つかどうかですが、産業調査の統計データを多くの企業は知りたがっており、正確なデータであればあるほど過去のデータは商業には必要な記録であると言ってよいです。
何故なら、旧世代における産業データを知ることで当時と今とでは何か異なるかを冷静に分析することが可能で、旧世代の産業を現在に復活させることも可能であるからです。
よく旧世代の産業は現在の産業よりも遅れていることから不要であるとされますが、これは間違いで、前時代の産業調査データから現在の産業に不足している物を探すことも可能であるため、前時代のデータもビックデータとして残す必要があるのです。
例えば、造船における産業のデータで何故大型の艦船を作る会社は潰れ小型の船舶を作る会社が生き延びることが出来たかを分析した産業調査データには、小さな艦船を作る会社は大きな艦船を作ることも実は可能で生き延びることが出来たという記録があります。
逆に大きな艦船を作る会社は、小さな艦船を作ることが出来なかったのが会社が潰れてしまった要因になったのです。
以上のことから調査データは、ビジネスにおいて役に立つデータであると結論付けます。

産業調査は過去のデータより有効な傾向分析を可能にする

産業調査は過去のデータより有効な傾向分析を可能にする 産業調査を行うことにより、自社が保有する過去のデータよりも有効なデータを手に入れることが可能になります。
新商品の導入をする際や、既存商品の売上改善をする場合には、消費者の購買意欲や市場の需要動向などの傾向分析を行うことが必要となります。
一般的に公開されているデータでは、知り得ることができない詳しいデータが手に入っていくのも、産業調査を行うメリットです。
競合商品の販促体制など、自社では調べるのが難しい内容も、専門の調査機関であれば調べられるのです。
企画会議の席でも、調査結果を元にした定量的なデータがあった方が良いのです。
自社が求めるデータを事前に明確にしておき、どのような調査結果を求めるかを決めておきましょう。
企業を取り巻く環境は変化をして来ています。
小規模な事業であれば良いですが、多くのリソースを投入していく大規模な事業の場合には、確かなデータが必要になるのです。
過去の経験則では求められない、有益な傾向分析を入手できるのです。


Copyright © 2020 産業調査のメリット all rights reserved.
新着情報

◎2021/1/18

ビジネス企画に欠かせない
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

過去のデータは役に立つ?
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

日本の業界の動向がわかる
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 過去」
に関連するツイート
Twitter

Copyright © 2020 産業調査のメリット all rights reserved.